ヴィクトリーナ姫路 世界への第一歩

2016年姫路に日本初のプロバレーボールチームとして元全日本女子バレーボールチーム監督である真鍋氏をゼネラルマネージャーとして、世界的な名セッター竹下氏を監督に迎え、「姫路から世界へ」をスローガンに誕生しました。

地域リーグからスタートし、「平成29年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会ファイナルラウンド」で見事ベスト16、「第8回全国6人制バレーボールリーグ男女優勝大会女子決勝リーグ」では全勝優勝の快挙を成し遂げ、今年2018–19シーズン秋にスタートする「新・Vリーグ」のV2に参入することが決定しました。

ここから新しいヴィクトリーナ姫路の世界への第一歩がスタートします。

ヴィクトリーナ姫路 V2参入!!新・Vリーグへ

眞鍋政義 ゼネラルマネージャー

チーム発足から約2年で、Vリーグ参戦にこぎつけることができました。

地元の方々のご理解、スポンサー様、後援会の皆様、応援してくださっている皆様の支えのお陰で、選手たちが新たなステージで戦うことが出来ると思っております。

ホームゲームも開催できるので、多くの方に会場に足を運んでいただきたいですし、皆様とのコミュニケーションを大事にして、応援してもらえるチーム作りに尽力したいと思います。

これからもチームそして選手たちの成長のサポートをお願いいたします。

竹下佳江監督

チーム発足当初、3選手からスタートしましたが、ようやくチームらしくなりました。ここまでたどり着けたのも多くの方々のご支援やご理解のお陰と思っております。

私自身、今年年明けからは産休・育休を取らせていただいておりますが、プロの女子チームならではの仕組みや環境を整えてもらっているので、現場との連携も大事にしています。

まだまだ未熟なチームですが、地元の方々や、ご支援いだたいている方々にプロのチームとして恥じない試合をお見せできるよう、常に結果を求めながら邁進したいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

会場でのご声援もよろしくお願いいたします!