治験試験活動

広く参加を集い、治療試験を通じて国内の難病支援の団体へ寄付をしています。未来への社会貢献プロジェクトです。

薬が誕生するまで

1.基礎研究 基礎研究により新薬として期待できる成分が発見される。 2.動物実験 動物実験で、効果や安全性を確認します。 3.臨床実験(治験) 健康な人や患者さんを対象とした臨床試験を行います。「1相試験(健康な成人の方)少数の健康な成人の方に協力してもらい、副作用がないか、体の中でどのように吸収され排泄されるか確認します。2.相試験(対象:少数の患者さん)少数の患者さんに参加していただき、安全性が確認された範囲の容量で、効果や安全性を調べます。3相試験(対象:多数の患者さん)多数の患者さんに参加していただき、実際の治療に近い形で、効果と安全性、既存のお薬との比較を行います。」 4.認可 厚生労働省から承認されると、薬としての販売が認められます。

治験とは?

「くすりの候補」を用いて、国の承認を得るための臨床試験のことを「治験(ちけん)」と呼びます。「治験」には3つの段階があり、安全性や有効性を確認しながら進みます。「治験」として実施した結果は、医薬品の承認申請の際、製薬会社が厚生労働省に提出する資料になります。この「治験」に、みなさんの協力が必要なのです。

第1階段(フェーズ1)

健康な成人に対して「くすりの候補」を使った「治験」を行います。
ごく少量から始め、徐々に量を増やしながら、副作用、吸収の速さ、体外に排出されるまでの時間などをくわしく調べます。

第2階段(フェーズ2)

第1段階で調べられた「くすりの候補」を使い、少数の患者さんに対して、実際の効き目(有効性)、副作用(安全性)について調べます。また効果的な使い方(量・間隔・期間)についても調べます。

第3階段(フェーズ3)

第1段階・第2段階の結果をもとに、「くすりの候補」の効き目や副作用が、より多くの患者さんにも当てはまるのかを確認します。また、すでに使われている「くすり」との比較も行います。

参加するメリット

  • 疾患をお持ちの方は最も効果の期待できる新薬(治験薬)での治療を受けることができます。
  • 負担軽減費として1回の通院に対して約1万円(合計約10万~30万)の謝礼金が支払われます。
  • 治験への参加に先立って行われる検診を受診することによって、ご自身の健康状態のチェックができ、医師による健康管理についてのアドバイスを受けることもできます。そして、一般の診療に比べ、綿密な検査が行われるため、ご自身の病気の状態を詳しく知ることができます。
  • 医学ボランティアの協力により、新薬の開発過程において、様々な情報が蓄積され、また様々なケガや病気が克服されていきます。そして、何よりもかけがえのないことは、「次の世代により良い薬を残すために協力する」という社会貢献が出来る点にあります。

参加するデメリット

  • 治験薬の効果を厳密に判定するために、治験期間中の来院回数や検査が一般的な治療と比べて多いことがあります。
  • 治験薬を忘れずに服薬することや、服薬の記録や、体の状態を観察して記録に残すことなど、いくつかの決まりを守っていただく場合があります。
  • 治験薬の処方については、治験参加者の予定されている治験薬の投与期間のみとなるため、治験を終了された段階で治験薬の処方が受けられなくなります。
  • 比較検証試験を行うために、有効成分が全く入っていない薬(プラセボ)を治験薬として使うケースも有ります。

治験参加までの流れ

1.治験ボランティア登録>2.治験情報を知る>3.治験説明会>4.事前検診>5.治験開始

治療の前に、病気のことや治療法について十分な説明を受ける。そして、ご自身で理解・納得したうえで治療を受けることに同意する。この流れを「インフォームド・コンセント」と言います。

治験の同意説明では、普通の治験の時以上に「インフォームド・コンセント」が重要になります。また事前検診で担当医師に不適切と判断された場合は治験には参加出来ません。

インフォームド・コンセントは、こんなことを説明します。

  • 治験の目的
  • プライバシーの保護
  • 参加を途中でやめられること
  • 治験の実施方法
  • 効果や副作用
  • 他の治療方法
  • その他

参加方法

  1. STEP1

    お申込み

    日本治験ボランティア会ホームページにある現在募集中の治験ボランティア内容をご確認のうえ、お申込みフォームよりお申し込みください。 ※紹介者名には必ず、一般財団法人全国福利厚生共済会の紹介とご入力して下さい。
    日本治験ボランティア会ホームページ

  2. STEP2

    ご案内

    日本治験ボランティア会より治験説明会、事前検診のご案内がございます。

  3. STEP3

    ご参加

    治験ボランティアにご参加いただきます。

  4. STEP4

    お支払い

    謝礼金をお支払をいたします。

よくある質問

  • 20歳未満でも参加できるのでしょうか。

    例外もありますが基本的に20歳以上でなければ参加出来ません。

  • 治験に参加するための費用は。

    初診料と再診料はご負担いただくこともありますが、治験薬は製薬会社から提供され、治験薬を服用(他に注射など)中の検査費用も製薬会社が負担します。

  • 治験は何回でも参加出来ますか。

    治験参加後に次の治験までの休薬期間(3~4ヶ月間)があれば可能です。また、同時期に2つの治験は参加出来ませんのでご了承下さい。