福祉車輌寄贈

一般財団法人全国福利厚生共済会の基本理念の一つ「社会貢献」の活動の一環として、高齢者や障がいを持った方を支える在宅福祉をおこなう特定非営利活動法人へ福祉車輌の寄贈をおこなうことで地域社会に貢献する活動です。

2019年7月31日兵庫県姫路市の「ラヴィーナ姫路」にて、推薦を受けた17法人の中から理事会により決定した4法人の代表者6名をお招きし、福祉車輌寄贈式をおこないました。

髙井代表理事は「会員数も21万人を超え、これからもまだまだ増えるであろう。地域社会を支える皆様が喜んでいただけるのであれば、さらに寄贈台数を増やしていきたい。」とご挨拶をされました。

寄贈先の4法人の各代表者様よりいただいた心温まる感謝の言葉に、この活動の社会的意義を改めて感じ、この活動の輪を全国に広げていくことで、すべての人が地域社会貢献について考えるきっかけになればと思う寄贈式でした。そして今回もこの活動がスポーツニッポン新聞で取りあげられました。

福祉車輌寄贈式の模様

寄贈先のご紹介

社会福祉法人 駿河会(スルガカイ)

静岡県の山間地にある特別養護老人ホームで車輌が活躍します。

社会福祉法人 いぶき福祉会(イブキフクシカイ)

岐阜県郊外に位置する障がい福祉サービス事業所で車輌が活躍します。

社会福祉法人 泰耀(タイヨウ)

石川県の障がい者多機能型サービス事業所で車輌が活躍します。

社会福祉法人 樫の木福祉会(カシノキフクシカイ)

愛知県の重症心身障がい者向け生活介護事業で車輌が活躍します。

これまでの活動報告