福祉車輌寄贈

福祉車両を寄贈することで、高齢化社会を支えて行く活動を行っています。

支援先のご紹介

2013年11月14日 福祉車輌寄贈のご報告

「かぼちゃの国」は体に障害があったり、社会にうまく馴染めないといった人たちに働く場を作ろうと26年前に代表の茅野さんが設立した社会福祉施設です。豊かな自然に恵まれたこの土地で仲間たちと一緒に有機野菜をつくって生協などに出荷したり、手作りのパンの移転販売などの活動をしてきました。さらに去年からはコミュニティレストラン「高原食堂クロスファーム」を開店。自家製の有機野菜を食材として提供しています。寄贈された車は、会員皆さんの思いやりをエネルギーにして、「かぼちゃの国」の大切な仲間たちを作業場や自宅に送り届けています。

2010年6月 座卓福祉活動に使用する車輌寄贈

このほど会の活動を長年にわたりささえてきた会員様に「感謝の意」を表すため、多様な福祉サービスを利用者の方々を尊重して総合的に提供し、個人が自立した生活を営むことができるように支援することを目的に福祉車両を寄贈いたしました。

寄贈先は全国福利厚生共済会会員様の中から選定され、平成22年6月沖縄県島尻郡 社会福祉法人南島会様へ寄贈いたしました。

社会福祉法人南島会は昭和63年に風光明媚な与那原町の高台に「特別養護老人ホーム与那原日の出園」を開設して以来、高齢者が安心して地域で生活していけるようそのお手伝いをしたいと本気で取り組んでいます。

福祉と医療を融合し、生活のすぐそばに安心のネットワークを構築すること。それが私たちの願いです。

すべてを利用者の為に「誰もが最善のサービスを受けられる社会を目指して」いつでも、どこでも、だれでも最良のサービスを提供する為に努力します。入居者の皆様の安全を守り、より快適な日常生活を行う上での様々支援を、専門スタッフが誠意持ってサービス提供を行います。

2010年 寄付金のご報告

贈呈先:社会福祉法人 南島会様 金額 2,000,000円