あけましておめでとうございます。

 旧年中は、コロナ禍にも関わらず、様々な社会貢献活動、会の拡大にご理解とご尽力賜り、心より御礼申し上げます。

皆様におかれましては、素晴らしい新年を迎えられていることとお慶び申し上げます。

 新型コロナウイルスは、社会にそして我々に大きな変化をもたらしました。

外出できない日々、仕事ができない日々、仲間と会うことができない日々・・・皆様も多くのストレスを感じながら過ごされたことでしょう。

 そんな中、良い変化もあったのではないかと思います。人と人との繋がり、そして助けあいの想いが今まで以上に強くなったことです。

 新年を迎え、振り返ると、皆様は私にこう気づかせてくださいました。

「全厚済というコミュニティに参加し、助けあいの輪を広げ、人との関りに喜びを感じ、同じ方向へ共に歩んで行く。」このことが全厚済の在り方のひとつではないかと。

 多様な社会の中、人それぞれの価値観も違います。そのことを互いに尊重し、認め合い、そして共に成長していく。私が想い続けてきたことへ大きく近づいていると。

 おかげさまで本年7月には、全厚済は創立20周年を迎えます。

私自身も、感謝の気持ちを忘れず、皆様が物、心ともに、豊かな人生をおくれるよう更なる向上に努めて参りますので、より一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 新しい年が素晴らしい一年になりますよう皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

一般財団法人全国福利厚生共済会

代表理事 髙井 利夫

MENU