新型コロナウイルスの感染症対策について

日頃は、会の活動にご理解、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
現在、日本国内で感染が拡大している新型コロナウイルスにつきまして、昨日政府より感染拡大を防止する為の基本方針が発信されました。

基本方針では、現在の状況について「国内の複数地域で感染経路が明らかではない患者が散発的に発生し、一部地域には小規模な集団感染が把握されている状態」であるとし、そのうえで、感染経路について「飛沫か接触感染で空気感染は起きていないと考えられる」が、「閉鎖空間で近距離で多くの人と会話するなど、一定の環境下であれば、せきやくしゃみがなくても感染を拡大させるリスクがある」とし、感染拡大を防止する為に、この1~2週間の動向が急速に感染が拡大するかどうかの瀬戸際であるとしています。

また、症状のない人も、それぞれが一日の行動パターンを見直し、対面で人と人との距離が近い接触(互いに手を伸ばしたら届く距離)が、会話などで一定時間以上続き、多くの人々との間で交わされるような環境に行く事をできる限り回避する事、また症状がなくても感染している可能性がある為、企業など事業者も、感染の急速な拡大を防ぐために、活動の特徴を踏まえ、集会や行事の開催方法の変更、移動方法の分散などのできうる限りの対応を要請しています。

当会も国の方針に従い今後の感染拡大防止策に協力する為、緊急理事会を開き、以下の内容で対応を行う事を決定いたしましたので対応をお願いいたします。

■対応期間

2020年2月27日(木)~2020年3月31日(火)

■対応内容

  • 期間中の「PBS・BT・BS・BEの開催の中止・禁止」(クローズセミナー含む)

  • 2019年度エクスプラネーター実績TOP10の報奨ディナーの延期

  • 2020年3月4日(水)クラブメンバー会議および懇親会の中止

  • 2020年3月5日(木)エクスプラネータースキルアップセミナーの中止

  • コンプライアンス研修の延期
    2月29日(土):広島県
    3月14日(土):宮崎県
    4月4日(土):大阪府

今回の対応策で、皆さまには多くのご不便をお掛けするかと思いますが、新型コロナウイルスの感染経路が確認できていないこと、また、感染した場合の確実な治療方法や薬が確立していないことから、企業の責任としても会員様の安全確保を最優先するための対応であることをご理解いただき、感染拡大防止策へのご協力をお願いいたします。

また、上記期間での対応を行いますが、今後の感染拡大の状況によっては、対応期間の延長を行う可能性もございますのでご理解のほど、重ねて宜しくお願いいたします。

一般財団法人全国福利厚生共済会
代表理事 髙井利夫